So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ラッシュのニール・パート逝去

ラッシュ(Rush)のニール・パート(Neil Peart)が2020年1月7日に脳腫瘍のため、亡くなりました。67歳の若さでした。

ツイッターには日本時間の11日午前6時46分に配信されていたのですが、実はそれを僕はスルーしていました。で、ふとツイートを見返していたら、これは亡くなった報告じゃん!って気づいたのが、確か…14日か15日だったと思います。

そしたらもう、つらくなってきちゃって。ツイッターに掲載された文章は次の通り。

「Neil Peart September 12, 1952 - January 7, 2020

(1月7日)火曜日に、45年来の友人、ソウルブラザー、バンドメイトであるニールが、脳腫瘍(膠芽腫)との信じられないほど勇敢な3年半の闘いを終えました。

友人やファン、メディアの皆様、この非常に苦しく困難な時期に、家族がプライバシーと平安を必要としていることを理解し、尊重するようお願いいたします。

哀悼の意を表明したい方は、がん研究グループ、または慈善団体を選択し、ニールの名前で寄付をすることができます。」

がんばって訳してみましたが…つらすぎっす。

ラッシュを知ったのは学生の時でした。友人が「a show of hands」という、なにやら見慣れないビデオを持って来て、「これ、スゴイから見てみてよ」と言うので、何の気なしにかけてみたら…これはすごい!めちゃめちゃ難しい曲を、なんと楽しそうに演奏していることか。

難しいロックといえばプログレというイメージがありますが、この頃のラッシュはシンセサイザーを多用して、キャッチーなメロディーで押していた第3期絶頂の頃で、変拍子や複雑なリズムを駆使して難曲なのに、耳ざわりのいい簡単な曲に聞こえるという、今まで見たことも聞いたこともないような音楽をやっているのです。

これは衝撃でした。今まで聞いていた音楽ってなんだったんだ、と。

もうそれからラッシュにどっぷりとはまってしまって、とりあえずキーとなる2112、Moving Pictures、Permanent Waves、Signals、Hold Your Fire…などを聴いて、その凄さを知り、ますますファンになっていきました。

そしてニールなのですが、僕自身がドラムをやっているということもあって、彼のプレイには曲以上に衝撃を受けました。まずあのドラムセット!360度周囲を取り囲む超多点セットは、まさに「要塞」。ニールのフィルインの特徴として「タム回し」がありますが、8インチのシングルヘッドタムから駆け下りてくるフィルインはカッコよくて、エアドラムやりまくりです(笑)。ラッシュを知るまでは、ドラムのコピーなんてやったことが無かったのですが、それからは真似しまくって、できもしないのにYYZ、Spirit of Radio、Tom Sawyer、Subdivisions、Marathon…とまぁ、いろいろ真似してきました。

1年ちょっと前にドラム用のシンバルを買ったのですが、ちょっとだけニールのマネをして、ハイハットは13インチにしました。晩年のニールは14インチを使っていたようですが、a show of handsがリリースされた1980年代に、ニールは実は13インチのハイハットを使っており、そのイメージが強かったのと、自分のリズムトラベラーとの相性を考慮して、13インチにしました。

それにしても…もうショックでかすぎです。確かにここ数年、ゲディとアレックスはメディアに度々姿を見せていましたが、ニールは姿を見せていませんでした。まさか脳腫瘍と闘っていただなんて…まだ一度も生で彼らを見たことがないというのに…20代の頃、お金も英語力も無いけど、無理してアメリカに行ってライブを見に行こうか、なんて話を友人としていたのですが、実行に移していれば良かったと、後悔ばかりです。

もう彼らの演奏は見られないし、誰か別のドラマーを呼んでラッシュ名義でライブをやることなど、おそらくないでしょう。

でも、彼らの映像はたくさんの残されています。ニールを師と仰ぐ世界の著名なドラマーたちも、ニールの遺志を継いでいこうというコメントを、SNSなどで発信しています。彼のドラミングは世界で彼だけのもの。そんなドラマーは世界でもひと握りでしょう。そんな稀有なドラマーを好きになれたなんて、僕は幸せだと思っています。ちなみに…僕はニールのことを「師匠」と呼ばせてもらってます(呆)。

ここ最近、ラッシュのアルバムを聴きながら床に就いています。昨晩はGrace Under Pressureを聴いてました。今夜は何を聴こうか。Roll the Bonesなんて、最近聴いてないなぁ。今夜はそれにしよう。

なんか長々と書いてきましたが、肉親以外の死で、これだけの喪失感を感じたのはギタリストの藤岡幹大さん以来です。この喪失感はしばらく続くでしょうが、ニールのドラミングを自分の中で活かせるように、日々練習して喪失感を和らげていこうと思ってます。

さぁ、休みも終わり。憂鬱な仕事がまた始まりますが、がんばりましょう。ではまたっ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お正月を振り返って [日々の出来事]

毎度です。今日で年末年始のお休みも終わり。明日から憂鬱なお仕事が…と愚痴はさておき、ここはブログでお正月を振り返っておきます。

初日の出を見に行った話は前の記事を読んでいただいて、初日の出を見終わって歩いて帰ってきてみると、
IMG_1392.jpg
いやいや新聞屋さん、いくら元日の新聞が分厚いからって、これはないでしょう(苦笑)。せめてナイロン袋かなんかに入れてもらわないと、夜露で湿ってしまうがな。

で、初日の出の思い出をパソコンに向かってごぞごぞと書いていたら、嫁さんが福袋争奪戦から帰ってきました。今年の成果はこちら。
IMG_1398.jpg
いくらかかったんやろか(汗)。

そして遅い朝ごはんとお昼ご飯を兼ねて、おせちを食しました。
IMG_1400.jpg
なんか毎年変わり映えしないような。元日はこの後近くの神社に初詣に行って、僕の実家にあいさつに行って、夜は幼なじみの友達と標高900mの地に星見に行きました。星見の話はまた別の記事で書くことにします。

2日は坊っちゃん劇場にミュージカル「瀬戸内工進曲」を見に行きました。
IMG_1408.jpg
この日は終演後にミニコンサートがあるということで、楽しみにしておりました。

その前にすぐ隣のクールス・モールをうろうろしていたのですが、「ZAKKA HOUSE おもちゃ館」ってところに入ったら、まぁ色々ありまして。まずはこれ。
IMG_1413.jpg
KISSのジーン・シモンズのフェイスマスクです。15,000個中950番目とかシリアルナンバーが振られており、ジーンのサインまで書いてあって、何やら貴重なお宝品のように見えるのですが、これは本物なのでしょうか…。

これは買っちゃったモノです。トミカが出しているSTAR WARSのタイ・ファイターです。
IMG_1427.jpg
なんと金属ダイキャスト製で、なかなかの重量感。取り出すとこんな感じです。
IMG_1462_cut.jpg
画像処理してバックに星空なんかちりばめたら、本物っぽく見えそうです。

そんなこんなで時間をつぶして、午後2時から「瀬戸内工進曲」を観劇しました。12月に主役二人がキャストチェンジして2回目の観劇でしたが、ぶっちゃけると、変わる前の方がしっくりきていたように思います。清吉の純粋さや、イモの可愛さの中にある芯の強い女性の姿などは、前のお二人の方がぴったりでした。

でも、今の二人はまだ変わってから1か月あまり。前任者が9か月にわたって清吉とイモをつくり上げてきた時間の重みは、1か月で超えられないのは当然です。僕は演劇のことをほとんど知らない素人ですが、このようなキャストチェンジも演劇の楽しみのひとつなのでしょう。成長、変化を見守るのも楽しみのひとつような気がします。

観劇の後はミニコンサート。これは楽しかったな~(笑)。特にイモ役の関谷さん、老婆役の井上さん、ヤエ役の皆川さんのトリオによる某往年のアイドルグループは…破壊力満点でした。もう二度と見られないでしょうが、いいものを見させてもらいました(笑)。

てなわけで、お正月気分も今日で終わり。明日から本当に…憂鬱な…仕事の始まりです。いつまでも休みならいいのにな…なんて小学生気分に浸りたいところですが、そうもいかないので、明日からがんばることにします。

元旦夜の星見の様子と、あともうひとつのiPad mini 4を入院させたお話は、また後日アップしたいと思います。それでは、またっ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明けましておめでとうございます [日々の出来事]

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

…って、珍しく新年早々アップです。なんでかって言うと、今日は朝から初日の出を拝みに行ったのですが、なかなか楽しかったので、アップしようと思い立った、というわけです。単純ですな(苦笑)。

というわけでさっそく行きましょう。わが町の日の出時刻は7時12分ですが、山があるのでだいぶ遅れて、実際には7時50分ごろになります。それに間に合えばいいので、朝は6時30分に目覚ましをかけて、それに合わせて起きました。

起きて外を見てみると、何やら曇り空。これはどうかなぁ…と思いつつ着替えて、一抹の不安を抱えながら家を出発しました。目的地は歩いて30分ほどの近くにある、標高約110mほどの山の上の展望台です。

向かう途中で東の方を見てみると…
IMG_1341.jpg
日が昇る辺りは雲に覆われて、不安を掻き立てます。

7時5分ごろ、目的地の展望台に到着しました。元旦の早朝でけっこうな寒さですが、たくさんの人が初日の出を拝みに来ていました。でも東の空はといえば、
IMG_1344.jpg
やっぱり雲に覆われています。

しかし時間が経つにつれ、雲が無くなってきました。7時27分頃には、
IMG_1348.jpg
紺碧の空が広がって、期待に胸が高鳴ります。

7時46分頃の東の空です。
IMG_1363.jpg
だいぶ明るくなってきて、日の出が近くなってきたことを予感させます。

そして7時51分。
IMG_1367.jpg
いよいよ日の出か、ということで、展望台にいる人たちもカメラを構えだしました。

そして7時53分。
IMG_1369.jpg
お日さまが顔を出しました!2020年の初日の出です。すっかり雲は晴れ、とてもきれいな初日の出になりました(感涙)。

初日の出に照らされるわが町です。キレイでした。
IMG_1373.jpg
IMG_1377.jpg

最近、愛媛県の東温市にある坊っちゃん劇場に通っていて、今は「瀬戸内工進曲」というミュージカルをやっています。愛媛県新居浜市にかつてあった別子銅山が舞台で、煙害に苦しむ新居浜市の人を救おうと、精錬所を四阪島に移そうとします。そんなこともあって、帰り道に別の展望台に行って四阪島を見てきました。
IMG_1378.jpg
中央奥の、黒く細長く見えるのが四阪島です。精錬所はもうありませんが、歴史を刻んで静かに新居浜沖に浮かんでおりました。

下山していたら、昇り切ったお日さまが町を照らしておりました。
IMG_1385.jpg
今年はいい年になるといいな。

…なんて感慨に浸っておりますが、11時間ほど前の1月1日になった0時過ぎには…
IMG_1340.jpg
年越しそばって、真夜中なのに食い過ぎです(苦笑)。でもまぁ、正月くらい、いいか(爆)。

というわけで、新年一発目のブログアップです。最近サボってますが、ぼちぼち頑張っていきたいと思っておりますので、今年もよろしくお願いいたします。

さぁ、もうすぐ嫁さんが福袋争奪戦から帰ってくる頃です。それから遅い朝ごはんを食べて、初詣に行く予定です。それでは、また。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天文年鑑買ってきた [天文]

もう師走となり、年末も押し迫って来年の姿が見えてきた頃ですが…買ってきました。
TenmonNenkan.jpg
天文年鑑2020年度版です。データこそ最新版ですが、内容はさほど変わってないはずなのに、お値段が2019年度版は税抜1,000円だったのに、今年は税抜1,200円に値上がりしてました。ネットで色々調べられるので、あまり売れてないとは想像できますが、やっぱり本の形で買うと、ちょっとだけヤル気が出るような気がします(笑)。

ざっと見てみたのですが、今年の派手な天文現象としては6月21日の部分日食が一番でしょう。なんといっても日曜日というのが最高なのですが(笑)、梅雨の真っただ中なので見られるかどうかは微妙です。私の住む所では16時過ぎに欠け始めて、17時10分過ぎに食分が最大(約57%)となって、18時10分頃に終了します。見られると嬉しいのですが…。

次いで火星が10月に接近します。2018年の大接近ではサンドストームが発生して、最接近の時にはオレンジ色の丸しか見えなかったのですが(涙)、来年の秋にはちゃんとした模様が見えてほしいものです。

そして年の瀬も押し迫った12月21日に、木星と土星が離角6分まで接近します。占星術では「グレートコンジャンクション」と言うそうですが、離角6分というと木星の4大衛星の軌道より、見かけ上内側に入り込む形になり、低倍率下では木星と土星が同一視野に入ります。夕刻の低空なので細かい模様などは期待できませんが、もしかしたら20cmでチャレンジしたら、コンデジのコリメート撮影でも写せそうな感じなので、晴れたらぜひチャレンジしたいと思います。

最近望遠鏡出して星なんか見てないなぁ。寒くなって余計に見る気が失せますが、冬の星空はこれからが本番です。またキンキンに冷えた夜の空気の中で、キラキラと輝く星たちの姿を、がんばって見てみたいと思ってます。

さぁ、温かいお風呂に入って寝ますかね。では、これからどんどん寒くなって風邪をひきやすくなるので、皆さまどうかご自愛を。それでは、またっ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつの間にやらSSブログになってました

今年の4月14日に記事をアップしてから、早8か月。記事の最後に「これからもボチボチ続けていくつもりです。」なんて書いておきながら、全然続けてないじゃん。

言いわけするなら、最近はほとんどツイッターにかまけておりました。やっぱりスマホやタブレットでちょちょちょいっとアップできるのは、気軽でいいですね(笑)。ブログだと管理画面を立ち上げて…となかなか面倒なんですよね(汗)。

でも、140字という制限がないので、好き放題かけるのは利点です。ただ、無駄に長くなってしまうのも諸刃の剣です。

てなわけで、またぼちぼち振り返ってみます。

いつの間にやらSo-netブログがSSブログに変更になりました。メールではお知らせが来ていたのですが、ずっとスルーし続けておりました(汗)。今日やっと移行作業を終えたので、そのついでにアップした次第です。

最近新しい相棒が増えております。カメラです。

2004年11月に買ったのが、カシオのEX-Z50です。
Casio_EXZ50.jpg
初のデジカメで、暗所にめっぽう弱くて、しかもレンズの悪癖で画像の下半分がわずかに流れるという欠点を持ってましたが、コンパクトで高級感があって、きわめて使いやすくて、たくさんの思い出を残してくれたカメラです。CCDに欠損が出だしたのと、同時期にシャッターボタンに不具合が出だしたので、泣く泣く引退させました。まだ持ってますが。

2008年9月に買ったのが、初のデジイチ、ペンタックスのK200Dです。
Pentax_K200D.jpg
この子も暗所に弱くて、画素数も今どきの半分以下の約1千万画素ですが、乾電池駆動というお手軽さもあって、たくさんの思い出を残してくれました。この子はまだ現役です。

2013年9月に買ったのが、Z50の後釜、カシオのEX-ZR400です。
Casio_EXZR400.jpg
肝心の画像が甘々で、1,500万画素の精細さを享受できませんでしたが、カシオ伝統の使いやすさは健在で、これもたくさんの思い出を残してくれました。現役ですが、メインは次機種に譲っています。

そして2019年5月以降の今のメイン機種、キヤノンのPowerShot G9 X Mark IIです。
Canon_G9XMarkII.jpg
この子がまぁ目からうろこで、今どきの最先端のデジカメはここまでよく撮れるのかと、驚きました。1.0型という大形センサーを積んでいるのもあるのですが、カシオの甘々の画像とは雲泥の差です。ついでにスマホよりもきれいに撮れて、Wi-Fiを使ったスマホとの連携も良くできているので、手元にG9 Xが無い時以外は、スマホなどで撮らなくなってしまいました。スマホがあればカメラなんて要らないと思っているそこのあなた、お金に少しだけ余裕があれば、最新の高画質カメラを買ってみてください。驚くこと間違いなしです。

他にもいろいろありましたが、この辺にしておきます。ツイッターにかまけるのは今後も変わらないと思いますが、こちらも忘れずにぼちぼち更新していきたいと思います。では。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -